ここそらのライター日記

自称ウェブライター主婦のひとりごと

自閉症の子のみる世界

今日は幼稚園で公演を聞いてきました。

 

小学校の校長先生の話だったけど、発達障害の子どもの特性について話していただきました。

 

発達障害の子は、聞こえる音がみんな同じ音量。

発達障害の子は、聞いて覚えるより視覚で。

発達障害の子は、状況判断が苦手。

15人に1人いると言われている。

 

よく勉強されていると思いました。

私が勉強したのと同じかそれ以上。

もっと話してみたいと思いました。

 

長男が、校長先生が支援学級に見に来るのが怖い

と言っていたけど、もっと見てもらって改善してほしいと思いました。

 

毎日の漢字テストがどれだけ苦痛か。

作文を書くことがどんなに大変か。

 

簡単なことかもしれないけど、とても難しいこと。

 

うちの子は視機能に問題があるので、漢字を書くのが難しい。

 

たとえば、日と目の違いがわからないくらい。

 

でも毎日のテストを頑張っている。

間違った直しを頑張っている。

 

もっと、発達障害の子どもに対する理解をしてほしい!

もっと、解ろうとしてほしい。

 

難しいことかもしれないけど。

少しでも住みやすい世界になるといいな。